IT用語






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シャープは、10型で2560×1600、32型で3840×2160のIGZO液晶パネルを生産開始!

かつての勢い全くなくなってしまったシャープ!

亀山工場などの自社生産の液晶パネルが勝組のはずだったのに、今や赤字の原因に変わってしまいましたから。

その、亀山第2工場で4月から酸化物半導体(IGZO)によるTFTを採用した高精細な液晶パネルの本格的な生産を開始するそうです。

トランジスタを小型化することで、開口率の向上による省電力化や、高精細化が図れるとのこと。

今回生産を開始したTFT液晶パネルは、インジウム(In)、ガリウム(Ga)、亜鉛(Zn)で構成する酸化物を採用。

従来のアモルファスシリコンTFT液晶パネルに比べて薄膜トランジスタ(TFT)を小型化でき、開口率を上げる(1画素あたりの光の透過量を高める)ことによる省電力化や、高精細化が図れるそうです。

また、液晶テレビの「AQUOS」に採用しているUV2A技術で培った光配向技術により、高画質化にも配慮しています。

液晶パネルの仕様(サンプル)は、液晶ディスプレイ向けに3840×2160ドット表示の32型(140dpi)、高精細ノートPC向けに2560×1600ドット表示の10型(300dpi)、タブレット向けに800×1280ドット表示の7型(217dpi)を用意。

この高品質で勝負できるか!

ラストチャンスのような気がします!



■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト
関連記事
編集 [ 2012/04/17 00:00 ] 気になる商品 | TB(1) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。