IT用語






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サムスンは、下り最大150Mbps世界初のLTE-Advanced対応スマートフォン「GALAXY S4LTE-A」を発表!

サムスンは、、世界初となるLTE-Advanced対応スマートフォン「GALAXY S4 LTE-A」を発表しました。

GALAXY S4 LTE-A

まずは今夏、韓国のSK Telecomから発売されます。

LTE-Advancedは、現在のLTEに続く次世代高速通信サービスの規格です。

複数の周波数を束ねる「キャリアアグリゲーション」を用いることで、通信速度がさらに向上するのです。

SK Telecomも、世界初のLTE-Advanced商用ネットワークを導入することを発表しており、同社のLTEネットワーク10MHz幅×2を束ねて20MHz幅とすることで、下り最大150Mbpsを実現するとしています。

サムスンは、GALAXY S4 LTE-Aの通信速度は、現在のLTEから2倍向上すると説明。

なお、日本ではNTTドコモが2016年度以降にLTE-Advancedを導入予定としていましが、現在は「2015年度中」の導入を予定しています。

プロセッサーには、2.3GHz駆動のクアッドコアCPUを搭載するQualcommの「Snapdragon 800」を採用。

ネットワークとプロセッサー以外の仕様は「GALAXY S4」とほぼ同じで、Android4.2.2、5インチフルHDのSuper AMOLED、1300万画素メインカメラ/200万画素インカメラ、2600mAhバッテリーを備えます。

GALAXY S4 LTE-A-2

本体色はBlue ArcticとRed Auroraの2色をラインアップし、今後はほかのカラーも提供される予定。

ソフトバンクも、「iPhone 5S」はLTEとTD-LTE(AXGP)両対応と思わせぶりなコメントがあり、今後はTD-LTE(AXGP)対決になっていくのではないでしょうか。





■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト
関連記事
編集 [ 2013/06/30 00:00 ] 気になるケータイ! | TB(0) | CM(0)

「iPhone 5S」はLTEと次世代高速通信サービスTD-LTE(AXGP)両対応!ソフトバンクがコメント!

秋に正式発表されると噂される新型iPhone「iPhone 5S」について、ソフトバンクモバイルが進めるAXGPにも対応する可能性が浮上しました。

国内の大手モバイル系メディア「ケータイWatch」が報じたところによると、中国の上海で開催されている「Mobile Asia Expo」において、TD-LTE方式を推進する団体のGTIがカンファレンスを行い、日本からはソフトバンクモバイルの特別顧問 松本徹三氏が登壇したそうです。

新型iPhone「iPhone 5S」

松本氏は中国が国策として進めている通信方式「TD-LTE」と技術的に100%互換を持つとされる「AXGP」の加入者数が142万1200と、さほど大きくない数字である理由について、iPhoneがTD-LTEをサポートしていないことを挙げ、以
下のようにコメントしたとされています。

一方で、松本氏が「ただ、今年はおそらくこの数値が跳ねる。理由は言えませんが」と述べると、会場は笑いの渦に包まれました。

この発言の裏には、TD-LTE対応iPhoneの登場を示唆する意味合いがありそうですね。

なお、秋にも登場する見通しの「iPhone 5S」については世界最大規模の携帯電話会社「中国移動(チャイナモバイル)」も発売に乗り出すのではないかとみられており、今年1月にもAppleとの間で会談が持たれています。

「iPhone 5」が思うように伸びていないAppleにとって、7億人を超えるとされる中国移動のユーザーは魅力的であり、獲得するためなら従来のFDD-LTE方式に加えて、同社が推進するTD-LTE方式を新型iPhoneに採用する可能性もあるというわけです。

また、TD-LTE方式とFDD-LTE方式の両方に対応することは技術的に可能であるため、仮にiPhone 5SがTD-LTEにも対応した場合、ソフトバンクは8月から3Gの帯域を削り、75Mbps化を一気に進めるイー・モバイルのLTEを含めたFDD-LTEネットワークと組み合わせて勝負を仕掛けることになるのではないでしょうか。





 

■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/29 00:00 ] iPhone | TB(0) | CM(0)

GALAXY NX発表! レンズ交換式カメラとAndroidが合体、しかもLTEで接続できるので す!

GALAXY Cameraから格段の進歩ですね。

去年発売されたGALAXY Camera は、Galaxy S3にコンデジをくっつけただけのものでした。

しかし今回発表されたGALAXY NXは見違えるほど完成度の高いものになっています。

AndroidのUIと3G・4G・LTE接続を、レンズ交換式カメラに合体したのです。
GALAXY NX-1
GALAXY Cameraからわかったように、Androidと接続機能によってカメラはより使いやすくなります。

カメラのUIは大体悲惨なくらい使いにくいし、3Gや4G、LTEで接続できることで画像の共有がぐっと捗ります。

ただ、アプリとか共有関係の機能はレンズ交換式カメラよりもっと万人向けのもので、コンデジの方が相性がいいのではといった考え方もあると思います。

ですが、サムスンはあえて、ミラーレスのGalaxy NXにセミプロ級の性能を持たせています。

GALAXY NXはサムスンのNX20の堅牢な本体で、コンパクトなNX-300よりも大きめの作りになっています。
GALAXY NX-2
名前から想像できる通り、NXシリーズのフルラインと互換性があります。

内部部品も流用されているようです。

センサーは20.3メガピクセルのAPS-Cセンサー、イメージプロセッサはサムスンで最上位のDRIMe IVが使われています。

位相差とコントラストの両方を組み合わせたハイブリッドオートフォーカスに対応していて、コントラストAFのみのNX20より高速になります。

なので毎秒8.6フレームでの連写撮影も可能です。

今のところグローバルモデルの発売のみが発表されていて、各地域での価格や発売時期についてはまだわかりません。





 

■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/28 00:00 ] 気になるケータイ! | TB(0) | CM(0)

iPhone 5Sの新たな情報が!ついにA7チップとデュアルLED搭載!

もうすぐリリースされると噂のiPhone 5S。

WWDCに前後して様々な情報がリークされるようになりました。

今回リークされたのは、iPhone 5Sの内部詳細を明らかにする画像です。

iPhone 5S-1

右側に並べられたiPhone 5と比べ、レイアウト的にはあまり変更がないようですが、注目すべき点はプロセッサです。

このチップをズームした写真がこちらです。

iPhone 5S-A7

プロセッサに刻印されたモデル番号は「APL0698」。

iPhone 5に搭載されたA6チップのモデル番号「APL0598」や第4世代iPad に搭載されたA6Xチップの「APL5598」と異なることから、今回搭載されたものが「A6」チップの修正版ではなく「A7」チップである可能性が高いと考えられます。

また背面カメラ横には2色の異なるLEDフラッシュも縦積みで搭載。

以前からリークされていた通り、やはりiPhone 5Sのデュアルフラッシュ搭載は確定といった感じですね。





 

■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/27 00:00 ] iPhone | TB(0) | CM(0)

まだアップデート始まっていないのに?iOS 7に隠された機能が!

まだアップデート始まっていないのに?iOS 7に隠された機能が!

まだアップデートは始まっていないのですが、β版がすでに関係者にはリリースされているようです。

その、リリースされているiOS 7のβ版の奥深くに隠されている機能が見つかり、公開されています。



ここにある機能は、正式版には隠された機能ではなく、表にでてくるものかもしれません。

それどころか、もーしかしたら本リリースの頃には...。



■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 


関連記事
編集 [ 2013/06/26 00:00 ] 気になるニュース | TB(0) | CM(0)

サムスンは、Windows 8とAndroidが動くタブレットPC「ATIV Q」発表。13型3200x1800液晶!

ロンドンの Premiere 2013 イベントで、サムスンが ATIV ブランドのWindows ノートやタブレット、オールインワンPCを一挙に発表しました。

タブレットPC「ATIV Q」

そのひとつ ATIV Q は、Windows 8 と Android Jelly Bean のデュアルOSを搭載したユニークな製品です。

13.3インチ3200 x 1800 qHD+ の高精細ディスプレイを備えたデュアルヒンジのハイブリッドノート / タブレットというだけでも注目ですが、ATIV Q は Windows 8 と Android 4.2.2 Jelly Bean を再起動なしに行き来することができ、さらに電磁誘導式の S Pen 入力にも対応します。

Windows 8 と Android Jelly Bean ではファイルやフォルダを共有できるほか、Androidアプリを Windows 8 スタート画面のタイルとして貼り付けて、直接起動することすらできます。

PCとしての中身は、Haswell こと第4世代インテル Core プロセッサ (Core i5)、4GB RAM、128GB SSDなど。

デュアルヒンジ機構を採用しており、タブレットから画面がスライドして立ちあがりノートになるほか、ノート状態から画面の手前側を浮かせた「フローティング」、キーボード側ではなく反対側に画面を倒した「スタンド」なるものも数えて4 in 1 形態をうたいます。

液晶ディスプレイは13.3インチ 3200 x 1800 の qHD+、約275ppi。

マルチタッチに加えて、感圧レベル1024段階の電磁誘導ペン S Pen にも対応します。

本体重量は 1.29kg (2.84ポンド)、厚さ13.9mm。バッテリー駆動時間は約9時間です。



   

 

■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/25 00:00 ] 気になるケータイ! | TB(0) | CM(0)

アップルは発表前なのに、早くもiOS 7のアイコンを修正!?

iOS 7は、正式リリースを前に現在一部で提供されています。

そのiOS 7は、開発者版です。 つまりベータ版で、本リリースまであちこちに手が入る可能性は大いにあります。

例えば、アイコンのデザインとか。

最終的なデザイン決定になるまで、様々なアイコンがデザインされ何段階もの修正が加えられるのです。

そして、これからも修正が加えられていのです。

先日、アップルのサイトをモバイル端末から観覧すると、デザイン違いのアイコンが表示されるということが起きていました。

ミスなのか良かれと思って一時公開したのかはわかりませんが、そこには別デザインが。

例えば、天気アプリには、雲と太陽ではなく今の気温が表示されていますし、パスブックは色味が違います。 発表前にさんざん言われていた「フラット」なデザイン。

思ったよりも全然フラットではなかったアイコンデザインですが、本リリースまで多少の変更があるかもしれません。



 

 

■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 携帯ブログへ
 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/24 00:00 ] iPhone | TB(0) | CM(0)

ついに始まります!auがiPhone、INFOBARなどの下取りを開始!

KDDI、沖縄セルラーは、機種変更時にユーザーが使用しているau携帯電話を下取りするプログラムを、6月27日に開始することを発表しました。

対象機種に故障がなく正常に動作することが条件です。

これってやはりiPhoneの新機種が発売されるのが近づいたことではないかと勝手に思います。

6月27日時点の対象機種と下取り価格です。

iPhone
iPhone 4S(64Gバイト):18000円
iPhone 4S(32Gバイト):16000円
iPhone 4S(16Gバイト):14000円

Android
INFOBAR A01:3000円
AQUOS PHONE SERIE ISW16SH:3000円
DIGNO ISW11K:3000円

※7月31日までこの価格で下取り。

iPhone 5 の価格はまだ出ていませんでした。

こうして下取り価格を見ると、iPhoneのほうが高い気がしますね。

ですがこうして価格が発表されると、買取業者はこの価格より高く買ってくれることまちがいなしでしょう。

au携帯電話の下取りプログラムの開始について [au]





 

■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/23 00:00 ] 自己紹介 | TB(0) | CM(0)

次世代 Nexus 7 として発売?ASUSの未発表7型タブレットK009がBluetooth SIGのデータベースに!

この情報は、次世代 Nexus 7 として噂される、ASUS製の未発表タブレット K009が、Bluetooth機器を認証する Bluetooth SIG のデータベースで見つかったという話です。

ASUS K009 といえば、つい先日にも米FCCへの提出書類から、「Nexus」ブランドで Qualcomm プロセッサ搭載、LTE対応のデバイスであることが判明しています。

7型タブレットK009


Bluetooth SIG に掲載された概要 (製品説明) によれば、K009 は7インチで静電容量式マルチタッチ対応のLEDバックライト画面を備え、Qualcom Snapdragon 600 を搭載したタブレット製品。

一方 FCC 側の記載では、CPUが Snapdragon S4 Pro の APQ8064 になっています。

(Qaulcomm は Snapdragonについて、2011年からS1 ~ S4、S4 Pro といった命名規則を導入していましたが、今年1月に「より幅広いラインナップを反映するため」これを改め、新たに Snapdragon 200 / 400 / 600 / 800 の名称を採用しました。

Snapdragon 600 (8064T)は、従来のハイエンドである S4 Pro と基本的なアーキテクチャとしては同等ながら、性能40%増しで電力効率も向上したプロセッサ。)

ASUSから Nexus ブランドの新7インチタブレットといえば、今年4月あたりにも、次世代 Nexus 7 は ASUS続投で夏発売、高解像度化してSnapdragon採用 という噂がありました。

今年7月発売、ディスプレイは高精細になりベゼルが狭く、今年後半に600万台から800万台出荷目標との噂。

名称がどうなるのか (Nexus 7-2? Nexus 7 HD?)、結局 Snapdragonのどれを載せてくるのか、初代の 1280 x 800 より上として 1920 x 1080 なのかそれ以外なのかと分からないことも多く、また ASUSや Google から正式に製品として発表されたわけでもありませんが、Nexus 7 の後継にあたるタブレットですから気になりますよね。

なお ASUSは今月はじめの Computex 2013 で、16GB 149ドルからの廉価版 Android タブレット MeMO Pad HD 7 も発表しています。

そちらの仕様は 7インチ1280 x 800 ディスプレイで4コアプロセッサ(ただしCortex A7)、前後カメラや microSDスロット、約302gで最大10時間駆動などです。






■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/22 00:00 ] 気になるケータイ! | TB(0) | CM(0)

iPhoneを使っているけどイザという時は?アプリを立ち上げメモをとる自信がない方にお勧め!

急なメモを取る時どうしてますか?

iPhoneで、メモアプリを起動してサクサクッとメモが取れる方はiPhoneで全てOKなのですが。

ですが、iPhoneでアプリを立ち上げてる間に、次のメモを取らないと・・・と、素早い操作の時はiPhoneではちょっとむずかしい方に朗報です。

今回紹介する「Idealnotes」はアプリではなく、iPhone5と全く同じサイズに作られたメモ帳なのです。

Idealnotes.jpg

人気の高い手帳Moleskine風なデザインで、カラフルなも物ありますね。

それに、バンドでピッタリと一体化させることができるので、クッションにもなります。

なので、iPhoneケースの代わりにもなります。








■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/21 00:00 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

iOS 7の「App Store」アプリでは、iTunesカードのコードをカメラで読み取れるように!

一瞬、今でもできなかったっけ、と思ってしまうような話題ですが。

iOS 7の「App Store」アプリではカードのコードをリードすることが出来るようになるのです。

これはの海外ニュースブログ「iDownloadBlog」出ていなネタです。

iOS 7の「App Store」アプリでは、カメラを使ってコードを読み取るオプションが追加されているとのことなのです。

実際にこの機能を使ってコードを読み取っている写真も掲載されています。

1cade.jpg

iOS 7のリリースは秋との噂なので、実際に試せるのはまだ先ですが、確実に進歩していそうですね。





 

■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/20 00:00 ] iPhone | TB(0) | CM(0)

au iPhone5は、LTEのエリアエリア誇張問題で無償解や無料でAndroidに交換と、ネットで話題です。

私は毎日新聞のニュースでこの情報5月22日に見たのが最初です。

au:無償解約2件 エリア誇張問題で

この時は、「都消費生活総合センターへ15件の相談があり、うち2件が解約料なしで解約できていたことが22日分かった」となっていたのですが、

何と価格ドットコムで盛り上がっているのですね~!

『au iPhone5 LTE 消費者庁措置命令 対応事例共有(2)』 のクチコミ掲示板

今のところこのような条件が出ています。

軽い所では、お詫びに10000P付与

希望のAndroid(旧モデル)に無償で機種変更、iPhone返却

希望のAndroidに無償で機種変更、iPhone返却なし

など様々です。

中にはこの情報を知ったので、便乗してauと交渉してみますみたいな方も。

私の場合は、家族5人auだし~

iPhone5はワイシャツのポケットにも入るし~

なのでiPhone5の新型なら交換して欲しいけど、ソレはありえないし~

ですね。



   

 

■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/19 00:00 ] 気になるニュース | TB(0) | CM(0)

マイクロソフトは、iPhone版 Office Mobile を無料で突如リリースしましたが、問題あり!無料ではないですよね!

マイクロソフトが iPhone 用の公式 Office アプリ『Office Mobile for Office 365 subscribers』 を App Store でリリースしました。

価格は無料とのことですが?

無料と言っても for Office 365〜の名のとおり、クラウドサービス Office 365 の加入者だけが利用できるとのことで、これでは無料ではないですね。



使える文書は Word、Excel、およびPowerPoint。

文書を確認するだけでなく編集も、コメントの追加も可能です。

メール添付ファイルの Office 文書を扱うことも、Word と Excel については新規作成にも対応します。

売りは チャートやアニメーション、SmartArt やシェイプも扱えること、Word はリッチテキストで編集できること、そして純正アプリとして、デスクトップで作成した文書を編集保存してもフォーマットやレイアウトを破壊しないこと。

Office 365 の利用が前提となっているため、iPhone版 Office for Mobile は SkyDrive や SharePoint にある文書や、デスクトップの Office で扱っていた文書を外出先で確認したり編集するためのコンパニオンアプリの位置づけです。

しかし常時ネット接続必須ではなく、オフライン編集は接続後に同期されます。

対応デバイスは iPhone 4以降、iPod touch 5th gen。3代目以降の iPad でも動きますが、最適化レイアウトは含まれておらず、マイクロソフトは画面の広いタブレットならばウェブ版 Office の利用を推奨しています。iOS 6.1以上。

日本の App Store では現在のところ提供されていません。



   

 

■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/18 00:00 ] 自己紹介 | TB(0) | CM(0)

Galaxy Noteに対抗!ソニーの6.4型でペン対応の Xperia Z Ultra 発表イベントの招待状が!近日発表?

以前から噂のGalaxy Note対抗 6インチ級 Xperia がそろそろ発表されそうです。

画像はフランスで報道関係者向けに届き始めた 新 Xperia 発表イベントの招待状です。

Xperia Z Ultra

文章はパリで7月4日に「大きな」驚きが待つとするのみで製品名等には触れていないものの、背景に側面が写る端末は、端子部の大きさなどから非常に薄く大型であることが伺えます。

また、カレンダーに記入を忘れずに!

との文章はご丁寧にスタイラスペンまで描かれた手書き。

うわさの大型モデルは、いわゆる " Phablet " (タブレットと携帯の中間) カテゴリを確立したサムスン Galaxy Note と同様スタイラスペンによる手書き入力に対応するのではないかと囁かれており、むしろこの招待画像がそのまま大型端末の画面のようにも思えます。

参考までに、これまでうわさや自称リークとして出回った Xperia Z Ultra (仮) の未確認情報は、6.44インチ 1920 x 1080 フルHDディスプレイ、Qualcomm Snapdragon 800 プロセッサ、2GB RAM、16GBストレージ、microSDスロットなど。

また 6.5mm厚で212gと薄型になるという噂もあります。



■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/17 00:00 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

サムスン Galaxy S4 Zoom発表に!光学10倍ズームレンズ搭載スマートフォンです。

 サムスンは、光学10倍ズームレンズ搭載スマートフォン Galaxy S 4 Zoom を発表しました。

サムスン Galaxy S4 Zoom2  

OSに最新の Android 4.2.2 Jelly Bean を採用するなど Galaxy S シリーズのスマートフォンでありながら、背面には沈胴式ズームレンズを備えたコンパクトカメラとしての機能も備えています。

 サムスン Galaxy S4 Zoom1 

サムスンいわく、スマートフォンとして光学10倍ズームレンズ 搭載は世界初。

サムスンは昨年、Android OS と 3G / 4G 通信機能を備えた光学21倍ズームレンズ搭載コンパクトカメラ Galaxy Camera を発売しましたが、Galaxy S4 Zoom は「S」に属するスマートフォンです。

スマートフォンとしての中身は、4.3インチ qHDディスプレイ、2コア1.5GHzプロセッサ、1.5GB RAM、8GB内蔵ストレージ、microSDスロットなど。前面には1.9Mピクセルカメラ。

802.11a/b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0。

本体は 2330mAh のバッテリー内蔵で重量 約208g

ネットワークは 3G HSPA+、4G LTE Cat 3。市場により異なる6バンドセットに対応。

フラッグシップの Galaxy S4 相当ではなく、 Galaxy S4 Mini とほぼ同じ仕様です。

カメラとしては1600万画素センサー、35mm換算24mm - 240mm の光学10倍ズームレンズ、光学式手ぶれ補正、レンズ周囲に「ズームリング」、側面には大きなシャッターボタン。

スマートフォンかつコンパクトカメラのハードウェアを活かすカメラソフトウェアもさまざまな新機軸を搭載しています。

たとえば通話中になにかおもしろいものを見かけた場合、ズームリングを回せばそのまま In-Call Photo Share 通話中写真共有モードに入り、撮影したそばから相手に見せられるなど。

Galaxy S4 Zoom は、この夏に英国をはじめ各国で販売予定。価格は未発表ですが、フライングでレビューを掲載していたロシアのサイトによる未確認情報では 600ドル程度、7月発売です。





■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/16 00:00 ] 気になるケータイ! | TB(0) | CM(0)

iOS 7のPVに大阪弁バージョンが登場!これなんかいいですね!

新商品紹介のプロモーションビデオ、海外の商品だと何を言っているのかわからないのものばかりですよね!

そんな中、iOS 7のプロモーションビデオでは大阪弁バージョンが登場しました!

私は知らなかったのですが、これは毎回恒例のようで、すでにファンも付いているとのことです。

大阪弁、聞いてみて下さい。



何とiOS 7が発表された翌日にアップされていたそうです!



   

■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/15 00:00 ] アップル | TB(0) | CM(0)

純正車載システムと接続して車内でiPhoneの機能が使える「iOS in the car」を発表!

アップルは、同社の「iPhone」や「iPad」で使われている基本ソフト「iOS」を、クルマの中で使うことが出来る「iOS in the car」と名付けられたシステムを発表しました。

これまでも、クルマに搭載されたオーディオやインフォテインメント・システムに専用インターフェイスで接続することによって、iPhone内に収録された音楽・動画を車内で楽しむための装置は純正・アフターマーケット問わず既に多くの製品が市場に出回っていることはご存じの通り。

ですが、今回発表された「iOS in the car」では、電話回線による通話や「iMessages」と呼ばれるテキスト・メッセージの送受信といった携帯電話の主機能、そして地図の表示と経路検索・道案内などカーナビゲーションの代わりになる機能も、まるで車載システムの一部のように統合的に、車内で使うことが出来るようになるのです。



特徴としては、iPhoneを車内に設置してその画面を使うのではなく、クルマのダッシュボードやセンター・コンソールに搭載されている純正ディスプレイに、しかも車内における使用に合わせて最適化されたインターフェイスでiOSの各機能が表示されること。

一見、「車載用iOS」とでもいうべきものを開発したのかと思えますが、デモンストレーションの様子を見ると、画面の右下にはバッテリーのアイコンが表示されています。

つまり、車内のどこかにオーナーが所有するiPhoneがあり、車載システムとはケーブルまたは無線でつながっているのです。

操作はもちろん、ハンズフリー(hands free)かつアイズフリー(eyes free)を可能とし、iOSに実装されている「Siri」という音声認識型パーソナル・アシスタント機能によって、音声でコントロールできる。ドライバーはステアリング・ホイールから手を離さず、目線も前方を向いたまま、"Siriと会話する"ように、電話を掛けたりBGMを選曲したり目的地を検索したり友人にメッセージを送ったりできるのです。

今回のデモンストレーションでは主にそれら4つの機能を見せていますが、これだけでは既存の車載インフォテインメント・システムと比べて(操作性・統合性などの点で洗練されているとしても)内容的には大差がありません。

2014年に予定されているという製品化の際には、その他のiOSに搭載されている機能や、世界中の開発者たちが制作するアプリケーションにも対応し、さらに便利で楽しいものになることを期待したいですね。

なお、このiOS in the carは、自動車メーカー製の市販車に搭載される純正システムと連携することで利用可能になるため、各メーカーとの提携もしくは協力が不可欠です。

今回はすでに対応を表明している自動車メーカーとして、ホンダ、アキュラ、日産、インフィニティ、メルセデス・ベンツ、フェラーリ、シボレー、起亜、ヒュンダイ、ボルボ、オペル、ジャガーという12のブランド・ロゴが発表されました。

自前で「G-BOOK」というサービスを展開しているトヨタは(今のところ)入っていません。

何故か、先日発表した「iBeetle」で真っ先にアップルとの協力関係を明らかにしたフォルクスワーゲンのロゴも見当たらないのです。

日産は入っていてもルノーがなかったり、シボレーはあってもキャディラックはなかったりと、同じグループ内でもブランドによって対応は分かれるようです。

iOS in the car対応車が発売されるのは、前述のように2014年からです。



   

 

■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/14 00:00 ] アップル | TB(0) | CM(0)

ネットで話題のiOS 7!古いiPhoneでは使えない新機能があるのです!

新しい機能は、新しい端末でということなのでしょうね。

WWDCにて発表されたiOS 7の新機能。

待ってましたな嬉しい機能が続々でしたが、新機能の中には端末の制限があるものもあるのです。

古い端末では使えない機能があります。

新機能対応端末を以下にまとめました。

iOS対応端末
・iPhone 5/ iPhone 4S/ iPhone 4/
・iPod touch 16GB/ 32GB/ 64GB
・iPad 2
・iPad(Retina搭載)
・iPad mini

AirDrop(iCloudのアカウントが必要)
・iPhone 5
・iPod touch(第5世代)
・iPad (第4世代)
・iPad mini

Siri
・iPhone 5/ iPhone 4S
・iPod touch(第5世代)
・iPad (Retina搭載以降)
・iPad mini

パノラマ
・iPhone 5/ iPhone 4S
・iPod touch(第5世代)

スワイプでのカメラ撮影切り換え
・iPhone 4以降
・iPod touch(第5世代)
・iPad (第3世代以降)
・iPad mini

カメラでのフィルター
・iPhone 5
・iPod touch(第5世代)

フォトアプリでのフィルター
・iPhone 4以降
・iPad (第3世代以降)

iTunes Radio
・iOS 7対応端末



   

 

■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/13 00:00 ] iPhone | TB(0) | CM(0)

マイクロソフト、小型Windows 8タブレットにOffice をプリインストール!

Computex 2013 のキーノートで、マイクロソフトが小型の Windows 8 タブレットにはサードパーティーを含め Office Home and Student 2013 (Word, Excel, OneNote, PowerPoint) をプリインストールする方針を明らかにしました。

マイクロソフトはタブレット向きの Windows RT には標準で Office Home and Student RT をバンドルしているものの、通常の(x86の) Windows 8 では、タブレットでもほかのPCと同じ扱いです。

一方、Computex 2013 で Acer が発表した初の8インチ Windows 8 タブレット Iconia W3 は、329ユーロ(32GB) / 379ユーロ(64GB) / 379ドルと安価でありつつ、Office Home & Student 2013 をプリインストールする点が話題になりました。

マイクロソフトは特に小型の Windows 8 タブレットについては、コンシューマーにとっては無料で、OEMにとってはOSのライセンス費用に含まれる形で Office をバンドルすることで、小型Windows 8 の競争力を高める狙いです。

Office Home & Student に含まれるのは World, Excel, PowerPoint, OneNote。単品価格はMS Storeの定価で139ドルなど。

気になるのはどこからが「小型」に入るか、ですが、ここでいう小型の定義は10インチ未満とのこと。

マイクロソフトはタブレットOEM向けの Windows 8 / RT ライセンス費用そのものも引き下げたとうわさされていますが、Office 込みの低価格を特に10型未満に限る意味は、もともと安く競争が激しい小型タブレットを Office 分のライセンス費用で不利にしないためのようです。

なお Windows RT については、Windows 8.1と同時に Outlook 2013 RT も無償提供する方針が明らかにされています。





■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/12 00:00 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

遂にでました!「Vaio Pro」!IntelのHaswell搭載でバッテリー25時間、重量:0.87kg!

遂にでました!ソニーの本気、新モデル「Vaio Pro」!IntelのHaswell搭載でバッテリー25時間モデルも!

ソニーが VAIOシリーズの新製品 VAIO Proを発表しました。

Vaio Pro

カーボンファイバー製で超軽量、IntelのHaswellも搭載。

1150ドル(約11万5千円)のVaio Pro 11インチと、1250ドル(約12万5千円)のVaio Pro 13インチの2デザインをブラック・シルバーの2色展開で6月9日からグローバルで発売開始。

浅すぎて小さすぎて使いづらいVaio Zのキーボードから一新、キーピッチも広くなって便利でタイピングしやすく生まれ変わりました。スクリーンはフルHDの1080ピクセルでタッチパネルも搭載。カーボンファイバー製のボディで軽さを保ちつつ、パームレストはアルミ素材で硬派で高級感があります。

11インチモデルは870gで、13インチモデルは1060g。

駆動時間は11.6インチで11時間、13.3インチで8時間。シートバッテリーで拡張すると、11.6インチで25時間、13.3インチで18時間までバッテリーが持ちます。

Vaio Pro 11
CPU:最大 Intel Core i7-4500U
OS: Windows 8
メモリー : 4GB DDR3 1600MHz SDRAM
ストレージ : 最大256GB SSD
ディスプレイ : 11.6インチ Full HD (1920x1080) 、タッチスクリーン
重量:0.87kg

Vaio Pro 13
CPU:最大 Intel Core i7-4500U
OS: Windows 8
メモリー : 最大 8GB DDR3 1600MHz SDRAM
ストレージ : 最大512GB SSD
ディスプレイ : 13.3インチ Full HD (1920x1080) 、タッチスクリーン
重量: 1.06kg

ソニーストア

ソニーストア



■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 

関連記事
編集 [ 2013/06/11 00:00 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

LTE+公衆無線LAN対応で月額945円のSIMカードが近日発売に!

月額945円でLTEデータ通信と公衆無線LANが利用できるビックカメラオリジナルのSIMカード「BIC SIM powered by IIJ」が14日(金)に発売されます。

ソフマップ 秋葉原 本館とソフマップ 秋葉原 リユース総合館では予約の受け付けや店頭スタッフによるサービス説明を行っています。

1ヶ月間の利用料金は、月間通信容量(LTE通信が可能な月間容量)が500MBの「ミニマムスタートプラン」が945円、2GBの「ライトスタートプラン」が1,974円、2GBで最大3枚のSIMカードが使える「ファミリーシェアプラン」が2,940円。

初期費用として、パッケージ購入代金の3,150円が必要です。

また、月々の料金の支払いにはクレジットカードが必要となリます。

追加料金なしで公衆無線LANサービスが利用可能です。

この製品は、NTTドコモのLTE/3Gネットワークが利用できるデータ通信専用のSIMカードで、別途用意したSIMロックフリー端末に装着することで通信が行なえます。

LTEエリア内での最大通信速度は上り37.5Mbps、下り112.5Mbps。

ただし、各プランの月間通信容量を超えた場合、通信速度は上下最大200kbpsに制限されます。

店頭に掲示されているPOPによれば、手動によるLTE/3G、200kbpsの切り替えも可能とのこと。

また、ファミリーシェアプランは、2GBの通信容量を最大3枚のSIMカードで分けて使用できるもので、計6GB(2GB×3)になる訳ではないので要注意です。

このほか、追加料金なしで公衆無線LANサービス「Wi2 300」が利用できる点も大きな特徴。

Wi2 300は、空港、駅、マクドナルドなどで無線LANが利用できるサービスで、無線LAN規格はIEEE 802.11n(最大300Mbps)に対応。

サービス提供エリアは、Wi2 300のサイトで確認できます。

このSIMカードは、インターネット接続サービス会社のIIJ(インターネットイニシアティブ)が提供している通信サービス「高速モバイル/D」がベースとなっており、対応端末も同社Webサイトで確認できます。





■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/10 00:00 ] 自己紹介 | TB(0) | CM(0)

インテル、第4世代「Core」プロセッサ「Haswell」発表!これが出るまではPC買ってはいけないと言われていた期待の商品です!

「Haswell で大きく変わる」とささやかれ続けて約2年、インテルは、ついに同社の新しい第4世代「Core」プロセッサ(開発コード名「Haswell」)を正式に発表しました。

Haswell の主な特徴は電力効率が大きく向上したこと、統合GPU (プロセッサグラフィック) が強化されたことです。

電力効率はシステムとして50%向上し、ノートPCに採用した場合のバッテリー駆動時間の伸びも前世代比で「インテル史上最大」と表現されています。

HD動画の連続再生が Ivy Bridge (第3世代 Core プロセッサ)で6時間ならば Haswell では9.1時間、MobileMark 2012 を走らせても6.1時間が8.3時間、スタンバイではさらに2~3倍の向上。

比較対象の第3世代 Core i7-3667U (Ivy Bridge )では、プロセッサとチップセット(PCH)で17+3の計20TDP、パフォーマンスは MobileMark 2012計測で138ポイント。

対する Haswell の Core i7-4650Uでは、統合されて15W にTDPを下げつつ、性能は155ポイントと向上しています。

モバイル向けでは上から H, M, U, Y の4シリーズになり、このうち U と Y がウルトラブックやタブレット向け。グラフィックでは 従来から引き継ぐ Intel HD Graphics 4X00 のほか、新たに別ブランドを導入した " Iris " グラフィックでディスクリートGPUに比すべき性能と低消費電力を両立したとしています。

前世代の Ivy Bridge でも用意されていた Y シリーズでは、従来のTDPに加えて新たにSDP (Scenario Design Power) 指標が用意され、低い発熱を基準にさらに薄型の製品が設計できるようになります。

今後続々と発表される新商品、期待できそうですね。





■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/09 00:00 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

NTTドコモ、いよいよiPhone販売?社内の人事異動でiPhone販売反対の重要人物が移動に!

「ついに出る」と言われてはや数年が経つNTTドコモのiPhone販売問題。

「MNP(携帯電話番号ポータビリティー:番号変更なしで他社の機器に乗り換えること)による契約者の流出が止まらないので、ついにiPhoneを発売するのではないか」と言われているが、一方で、NTTドコモは夏商戦には「ツートップ戦略」としてGALAXY S4(サムスン)とXperia A(ソニー)を強力にプッシュし、それぞれ100万台以上の売り上げを目標に、売りまくっている状態です。

ですがここで大きな動きが有りました!

ドコモ社内で『iPhone導入反対派』だった幹部が、ついに異動になるのです!

iPhone導入反対派で、現在ドコモでマーケティング部長を務めるN氏です。

現職を務める前は、プロダクト部長としてドコモの製品ラインナップを決める立場にいました。

現在、マーケティング部長ではあるが、今でもそれなりにラインナップの決定において影響力があるとされてきました。

そのN氏は、ドコモ社内でiPhoneの導入が検討されるたびに「iPhoneを導入するなら、俺は辞める」とかたくなに突っぱねてきた、というのがもっぱらの噂です。

これまで、彼が尽力して携帯電話やスマートフォン(スマホ)を開発してきた中、あっさりとiPhoneが売れてしまっては、彼の立場がなくなってしまうというわけなのです。

もちろん、N氏としては、これまで可愛がってきた日本メーカーを守りたいという親心があったとされています。

ドコモは6月に株主総会を迎えますが、そのタイミングで人事異動があり、N氏は地方の支社長に異動になるのです。

国内メーカー関係者の中には「これまでのラインナップ戦略の責任を取らされたのではないか」と見る人もいる一方で、別のメーカー関係者は「ドコモはiPhone反対派を地方に追いやることで、iPhone導入を進めようとしているのではないか」と語っています。

そうです。

ドコモでiPhoneを拒み続けた人物のまさかの異動なのです。

これは、「ドコモiPhone」に向けたカウントダウンの始まリかもしれませんね。






■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/08 00:00 ] iPhone | TB(0) | CM(0)

過去にタイムスリップできるカメラアプリ、TimeCamera for iPhone(iOS)

「TimeCamera for iPhone」は過去に戻って写真を撮ったかのようなレトロな加工をすることができるカメラアプリです。

App Storeで170円でダウンロードすることができ、iOS 4.2以降のiPhone、iPod touch、iPadで利用可能です。

TimeCamera for iPhone

写真をレトロなムードに加工するアプリは沢山ありますが、このアプリはちょっとおもしろい加工の仕方をします。

それは、撮影した日付を過去に設定することができ、その時代らしい退色・劣化具合を写真に反映してくれるのです。

また、このノスタルジックなムードを盛り上げてくれるのに一役買っているのが、写真の加工を適応させる際のアニメーションです。

じわ~っと写真が古びて行くアニメーションは、写真がタイムスリップして行く様を見ているようで、なんだか懐かしい気持ちにさせてくれます。

撮りたて写真をタイムスリップさせて‘今’をTwitterでつぶやく……そんなややこしくておもしろいことができて、ほんのり懐かしい気持ちにさせてくれる。

そんな、遊び心溢れるカメラアプリです。

TimeCamera for iPhone



   

 

■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/07 00:00 ] 気になるケータイ! | TB(0) | CM(0)

Samsungは、人気モデル「GALAXY S4」の小型/シンプル版「GALAXY S4 mini」を発表!

韓国 Samsung Electronics は、新型 Android スマートフォン「GALAXY S4 mini」を発表しました。

発売済みの「GALAXY S4」に対する小型モデルという位置付けです。

発売時期は明らかにしていませんが、地域に応じて 4G LTE、3G HSPA+、3G デュアル SIM のいずれかに対応する製品を提供します。

GALAXY S4 mini は、発売1か月弱で販売台数が1,000万台を超えている GALAXY S4(日本では NTT ドコモが「GALAXY S4 SC-04E」として販売中)の姉妹モデルです。

画面サイズが4.3インチ(GALAXY S4 は5インチ)、サイズが高さ124.6×幅61.3×厚さ 8.94mm(同高さ136.6×幅69.8×厚さ 7.9mm)、重さが 107g(3G デュアル SIM 版は 108g。同130g)と GALAXY S4 に比べ小型かつ軽量となっており、持ち運びや操作が行いやすのです。

4.3 インチ有機 EL(OLED)画面の表示解像度は 960×540ピクセル(同1,920×1,080ピクセル)。

カメラの撮像素子は、背面(メイン)側が800万画素(同1,300万画素)、正面(サブ)側が190万画素(同200万画素)。

RAM サイズは 1.5GB(同 2GB)、ストレージ用メモリ サイズは 8GB(同16GB、32GB、64GB のいずれか)。

バッテリ容量は 1,900mAh(同 2,600mAh)。

プロセッサは、1.7GHz のデュアル コア品(同 1.9GHz クアッド コアまたは1.6GHz オクタ コア)。

Android OS のバージョンは4.2.2(同4.2.2)。

無線 LAN(Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n。同IEEE802.11a/b/g/n/ac)と Bluetooth(v4.0)による無線データ通信が可能。

LTE 版のみ NFC に対応しています。

位置情報の取得は米国の GPS に加えロシアの GLONASS 衛星も使って行います。

ボディ カラーは「Black Mist」「White Frost」の2色です。





■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/06 00:00 ] 気になるケータイ! | TB(0) | CM(0)

これがあれば、裏の世界が見えるのですね!しかもiPhoneで。

以前車をいじっていた時、エンジンの奥の方とか見えなくて、そのためにパーツをバラしたり色々苦労していました。

今回紹介する商品は、60cmのフレキシブルアームの先端にカメラを装着した「TUNEWEAR Snake Cam with iPhone mount グネグネWi-Fiカメラ」です。



カメラの映像はWi-Fiで送信され、専用アプリを使うことでiPhoneでその映像を確認することが可能なのです。

最長3時間の連続使用できてIP67の防水・防塵規格も取得しています。

また、先端部には4灯のLEDが備わっているので、暗所も確認可能。

さらに、フックかマグネットを装着できるため、狭部に落ち込んだモノを釣り上げることもできます。

エンジンルームにネジを落とし苦労したことありますがこれがあれば楽勝ですね!。






■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/05 00:00 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

Google、HTC One の「Nexus版」を販売!SIMロックなしでPure Androidを搭載!

Googleは、HTCのフラッグシップ Androidスマートフォン HTC One を「Nexus版」として販売します。

Google はこれまで有力な端末メーカーと協力開発したスマートフォンを Nexus ブランドで開発者向けに自社販売し、メーカーやキャリアによるカスタマイズのない最新の Android OS を真っ先に提供するリファレンス端末として扱ってきました。

しかし今年の開発者イベント Google I/O 2013 では新 Nexus の発表はなく、代わりにサムスンのフラッグシップ端末 Galaxy S4 をNexus 版として Google Play で直販することを発表しています。

HTC One もこの Nexus版に加わり、Galaxy S4 と同じく、カスタマイズなしの素の Android 4.2.2 搭載、SIMロックなし、ブートローダーもアンロック可能な " Nexus experience "として販売されます。

HTCの HTC Sense UXやカスタマイズに依存した独自アプリは載らないため、たとえば One の売りのひとつであるカメラ機能 HTC Zoe も使えません。

ストレージは32GB、本体色はシルバーのみ。

米国での発売は Galaxy S4 の Nexus 版と同じ6月26日、価格は599ドル。

なお、HTCは以前からキャリア縛りのない SIMアンロック済み HTC One を自社ウェブサイトで直販しており、こちらも同じネットワーク対応で32GBストレージを備えます。

価格も同じ599ドルですが、OS は HTC独自機能も含む HTC Sense が載っています。

さらにややこしいことに、HTC は Google Nexus experience とは別の「Developer Edition」も自社販売しています。

こちらはストレージが64GB、OS は HTC Sense つき、ブートローダーアンロック済み出荷、価格649ドルです。

Nexus版なら、購入後も最新のAndroidが提供されるので、私としてはNexus版をお勧めします。

その理由は、Galaxy NEXUS の初期モデル(ドコモ)を持っていますが、Wi-Fi環境ならいまだ利用でき、そして新しいバージョンのAndroidが発表されると、アップグレードされ、新しいAndroidを試すことが出来ますから。






■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/04 00:00 ] 気になるケータイ! | TB(0) | CM(0)

iPhone標準カメラの欠点を補う無音カメラアプリ「OneCam」!これイイですね!

無音カメラなんて言うと、盗撮なんて悪いイメージがありますが、自分の子供を撮影したりするのに使っているので盗撮ではありませんよね。

カメラを向け、撮影されるのはわかると、家の娘は変に笑顔を作るので不自然なのです。

ですがこの「OneCam」を使えば自然な写真が取れます。

また、無音なだけでなく、iPhoneの標準カメラにはない部分を補ってくれるカメラアプリでもあります。

「OneCam」」は無音なだけでなく、iPhoneの標準カメラにはない部分を補ってくれるカメラアプリです。

もSNSへのシェアが高速だったり、日時入りの写真に簡単にできたりと、細かいところもよく出来ています。

カメラアプリの中でも最高傑作だと思うのですが、さすがに無料ではなく170円です。

興味のあるかたは、iTunes App Storeでご確認下さい。

iPhone、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、iPad 2 Wi-Fi、iPad 2 Wi-Fi + 3G、iPad (3rd generation)、iPad Wi-Fi + 4G、iPad (4th generation)、iPad Wi-Fi + Cellular (4th generation)、iPad mini、およびiPad mini Wi-Fi + Cellular 対応のOneCam(静音, 連写, ジオタグ)





■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/03 00:00 ] iPhone | TB(0) | CM(0)

iPhone 5Sはこれまでの2倍のピクセル数、150万画素の高解像度ディスプレイを搭載?との噂です!

狭ベゼルで150万ピクセルに!

中国の電脳ニュースサイトWeiPhoneは関係者の話として、アップルが近々リリースすると目されているiPhone 5S(もしくはiPhone 6)には次世代Retina Displayが搭載される見込みだと報じています。

その画素数はこれまでの73万ピクセルからおよそ2倍の150万ピクセルに。

より美しいディスプレイのiPhoneが登場するかもしれません。

これまでに伝えられているところによると、iPhone 5Sはマイナーチェンジに留まり大きさなどには変更はない模様。

そのため狭ベゼル化が行われ、iPad miniのように画面の左右にあるフレームが細くなる可能性があるそうです。

日本ではドコモからのリリースも噂されているiPhone 5S。

次はどんな驚きを私たちに与えてくれるのか、今からとっても楽しみですね!





■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/02 00:00 ] iPhone | TB(0) | CM(0)

HPが新ウルトラノートを発表!これはHP版MacBook Retinaモデルみたいなもので3200×1800の高精細スクリーンも!基本構成は700ドル(約7万円)から。

HPがEnvyとPavillionシリーズのウルトラブックの新モデルを発表しました。

これは、MacBook Pro Retinaを意識しているけど、何かイマイチ、でもまだ詳細が不明なので判断は...といった感じですね。

Envy TouchSmart 14 Ultrabookは、Retinaディスプレイのような3200×1800の高精細スクリーンを搭載、Haswell世代のプロセッサ、スクリーンタッチ対応、スリムなデザイン。

最低限の基本構成で700ドル(約7万円)からです。

ただし基本構成の内容だとスクリーンは14インチの1366×768になります。

つまり、スペックアップのオプション(もちろん有料)を選ばないと高精細スクリーンにはならないということです。

3200×1800ピクセルのものは今夏に登場...という事以外はハイエンドモデルの価格と仕様はまだ発表されていません。

MacBook Proの劣化版に見えるような気がするのですが。

ですが、安くて薄くてWindowsが使えるノート型PCを求めている人は、詳細気になりますね。






■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/06/01 00:00 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。