IT用語






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サンフランシスコでは、路地裏でiPhoneを25ドルから200ドルの価格で売っているらしいです。でもそれを買うと・・・要注意です!

これはサンフランシスコの話です。

サンフランシスコ市警が、盗難iPhone市場撲滅のために取り組んでいる新たな戦略です。

それは、変装した警察官が路地裏でiPhoneを売ろうとするおとり捜査なのです! 

おとり捜査官がハッキリと「これは盗難iPhoneだ」とコメントし、それでも相手が買おうとすれば、おとり捜査は見事成功。

その場で逮捕です。

サンフランシスコ市警曰く、盗難事件の約半分がスマートフォン盗難で、多くの場合は女性がターゲットだそうです。

そこで導入されたのがおとり捜査。

盗難端末を買えることでお馴染みのエリアに出向き実行、また、おとり捜査の話が出回わることで、盗難端末市場が縮小することも目的です。

法を考慮して、おとり捜査ではこちらから価格を提示するのではなく、相手から提示させるようにしなければなりません。

(ちなみに、平均的な盗難端末は、25ドルから200ドルの価格だそうです。)

現時点では、このおとり捜査がどれほど盗難市場撲滅につながるか、効果はハッキリとでてはいないそうです。

また、ニューヨーク市警も同様の取り組みを行なっているので、海外旅行で格安iPhoneが売られていても要注意ですね!







■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
  にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/05/09 00:00 ] iPhone | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://milebattle.blog27.fc2.com/tb.php/1018-02550b03













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。