IT用語






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北海道の弟子屈で多量の金やレアメタルを含む岩石が! 世界の主な金山の6倍以上、ゴールドラッシュの夢が!

北海道の国有林で金やレアメタルを含む岩石が見つかり、話題になっているそうです。

世界的に見ても高い金含有量があるともいわれ、地元では「ゴールドラッシュ」への期待が高まっています。

2011年1月上旬、北海道の東にある弟子屈町で金鉱脈を探査していた「資源開発」が、試掘した穴から採取した岩石に、多量の金が含まれていたと発表しました。

1トンに30グラム以上の金

同社は2010年秋に同町奥春別地区の国有林に深さ3メートルの穴を掘り、300~500グラムの岩石を採取。

カナダの調査会社に分析を依頼したところ、74個のサンプルのうち6個から1トンに換算すると30グラムを超える金が含まれている、という結果が出たそうです。

世界の主な金山の1トンあたりの金含有量は5グラム程度。弟子屈はその6倍以上です。

鉱山は採算を取るのが難しく、現在商業規模で操業しているのは国内では菱刈鉱山(鹿児島県)だけです。

菱刈鉱山の1トンあたりの金含有量は30~40グラムで、弟子屈の岩石はそれにも匹敵するそうです。

金以外にも、インジウムやランタンなどのレアメタルも含まれていました。

インジウムはパソコンやテレビの液晶ディスプレイなどに、ランタンはカメラのレンズなどに使われており、近年需要が高まっています。

中国に負けないように日本でもこのようなことが起きれば嬉しいことですね。

北海道弟子屈で多量の金とレアメタル ゴールドラッシュへの夢膨らむ




■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2011/02/06 00:00 ] 気になるニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://milebattle.blog27.fc2.com/tb.php/179-1f89bffb













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。