IT用語






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

津波伴うM8級の余震、1か月内再来する危険が!

東日本大震災の震源域の東側で、マグニチュード(M)8級の巨大地震が発生する可能性が高いとして、複数の研究機関が分析を進めているそうです。

日本海溝の東側で海のプレート(岩板)が引っ張られる力が強くなっているためで、早ければ1か月以内に津波を伴う地震が再来する危険があるのです。

M9.0の東日本大震災は、押し合っていた海のプレートと陸のプレートの境界面が破壊されて起きました。

そのため周辺の地殻にかかる力が変化し、東日本全体で地震が誘発されているのだそうです。

京都大防災研究所の遠田晋次准教授(地震地質学)は全地球測位システム(GPS)の測定データから、海のプレート内部で引っ張られる力が強くなっていることを突き止めたとのこと。

明治三陸地震(1896年)の37年後、昭和三陸地震を起こしたメカニズムと共通しているということです。

「今、昭和三陸規模の地震が起きると、仙台市で10メートルの津波が押し寄せる計算になる」と言うことのようです。

過去の大地震でも皆、1月から3ヶ月の間に本震のマグニチュードマイナス1位が来ているので、今回マグニチュード9なら8が来る可能性はありますね

津波伴うM8級、1か月内にも再来…専門




安くなりましたね。送料もメール便で210円です!
【5年間保証】上海問屋オリジナル SDHCカード 16GB 高速版(Class6)1,999円
オリジナル microSDカード 2GB :[お一人様2個限定] 299円

■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2011/04/15 00:00 ] 気になるニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://milebattle.blog27.fc2.com/tb.php/249-08ca785a













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。