IT用語






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

月額980円で定額データ通信が行える「イオン専用b-mobileSIM」が登場しましたが、その注意点と実際の使い勝手は!

ショッピングセンターでデータ通信サービス用SIMを販売するという、国内においては前例のないデータ通信サービス「b-mobileSIM[イオン専用]」が登場しました。

その新たな販売形態以外に、3種類の定額制データ通信プランが用意され、そのうちの1つは月額980円と大変安価に定額データ通信の環境を入手できる価格帯が話題となっています。

その月額980円プランを契約し、1カ月ほど使用してみて分かった注意点、そして実際の使い勝手をが出ていました。

プランは全3種類で、すべて定額制です。

タイプAが最大100kbpsで月額980円(プラス)、

タイプBが最大400kbpsで月額2980円、

タイプCが“Mbpsクラス”と定義され、FOMAハイスピードの最大通信速度と同等と思われるベストエフォートとなる速度で月額4980円です。

サービスエリアは前述したb-mobileSIMシリーズなどと同様に、人口カバー率100%のNTTドコモFOMAネットワークと同じです。

最大通信速度別に月単位で対価を支払う、ごくシンプルな料金体系となっており、主要通信事業者によるデータ通信サービスで見かける複雑でかなり分かりにくい料金プランではなく、約2年の長期契約をする必要もないのです。

解約時の違約金などもありません。

この製品はNTTドコモ、あるいはSIMロックフリーのW-CDMA(3G)対応スマートフォン、携帯電話、データ通信端末などで利用できます。

ただし「音声通話はできない」(機能を持たない)ことから、一部のスマートフォンではデータ通信は行えるもののアンテナバーが圏外表示になったり、利用できない端末もあるそうです。

そして、最大100kbpsのタイプA月額980円でも、メール、Twitter、経路・路線案内検索なら十分に使えるとのことです。

これは、NTTドコモの「Xperia(SO-01B)」に、日本通信「IDEOS」で利用した結果です。

Webページの表示も、思ったよりは実用的。

スマートフォン向けページなら普通に読み進められるそうです。

これがPC向けのサイトになると、やや待たされる感は強くなるが、画像圧縮の効果もあるのか、最大100kbpsでも使い物にならないほどの遅さではないとのこと。

これで月額980円なら使い方を考えればすごくお得ではないでしょうか。

街のイオンで買う“データ通信SIMカード”:
980円で大丈夫か──「イオン専用b-mobileSIM」徹底検証




安くなりましたね。送料もメール便で210円です!
【5年間保証】上海問屋オリジナル SDHCカード 16GB 高速版(Class6)1,999円
オリジナル microSDカード 2GB :[お一人様2個限定] 299円

■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2011/07/26 00:00 ] 気になるケータイ! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://milebattle.blog27.fc2.com/tb.php/349-5bf60284













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。