IT用語






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

iPhoneのバッテリーを少しでも長持ちさせるための ア・レ・コ・レ!

iOSを5.0.1にアップデートしても、iPhoneの1日の寿命が多少長くなっただけで、バッテリー問題は解消されませんよね。

そこで、iOSデバイスのバッテリーを少しでも長持ちさせるために、電力を搾り取るかのような ア・レ・コ・レをご紹介します。

まずは簡単なことから。
iPhoneのバッテリーを少しでも長持ちさせたいのであれば、誰もがやった方がいいことがいくつかあります。
ほとんどは、あきらかにバッテリーを消耗すると知られている機能も多いですが、それらをオフにするかきちんと管理することで、1日のバッテリーの持ちは少しよくなります。

メールのプッシュ通知をやめる
常に新しいメッセージを待たないようにします。
メールを送った数秒後にメールが来るとは限りませんが、メールを即時受信することがそこまで重要ではないのであれば、そこまで頻繁にサーバに確認しないように設定した方がいいでしょう。

位置情報サービスをオフにする
これもバッテリーを長持ちさせるのに有効です。GPS機能はバッテリーをちびちびと消耗するので、常に位置情報を取得するようなアプリがあれば、オフにすることでバッテリーのもちが少し長くなります。

3GではなくWiFiでダウンロードする
アプリのアップデートや音楽、ビデオ、ポッドキャストなど、大きめのデータをダウンロードする場合は、WiFiを使ってダウンロードした方がいいです。まず第一に、WiFiを使ってダウンロードした方が一般的に速いので、iPhoneをダウンロードのために長く使わずに済みます。次に、3Gの方がバッテリーを多少使う傾向にあるので、よりたくさんのバッテリーを消耗します。

必要のない通知は使わない
通知を受け取る度に、iPhoneはスクリーンを明るくして知らせます。
これでも毎回少しバッテリーを消費します。すべてのアプリで毎回通知が必要というわけではないと思うので、iPhoneの「設定>通知」で、特に通知の必要ないアプリはオフにしましょう。

マルチタスクの待機アプリをクリアにする
常にたくさんのアプリを開いて待機させる必要はありません。
Appleのマルチタスク機能は、バッテリーに優しい設計になっていますが、大量のアプリが待機している状態は、バッテリーを消耗します。
マルチタスクの待機アプリを手動でいちいち消すのはかなり面倒ですが、この小さな苦労は週ベースで見れば、バッテリーの無駄遣いを減らしてくれます。

私はGALAXY S を使用しているのでiPhoneとは違うかもしれませんが、補助充電アダプタを買ったりいろいろ試しましたが、やはり予備のバッテリー、ネットで社外品格安であるのでそれが一番正解でした。

バッテリーがなくなれば交換。

補助充電アダプタをつないでとかより簡単で便利ですね。



■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2011/11/29 00:00 ] 気になるケータイ! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://milebattle.blog27.fc2.com/tb.php/477-ea39712c













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。