IT用語






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

iPhone 4Sなどのauの一部スマートフォンはSIMの“キャリア内ロック”なしで、SIMが使い回せるそうです。

auケータイやスマートフォンでは、契約時に装着したau ICカードしか使えないようロックが掛けられています。

ですが一部の機種では、この“キャリア内ロック”が掛けられていないものが存在するのです。

auの携帯電話やスマートフォンには、原則として契約時(最初)に装着したau ICカードしか使えないよう“キャリア内ロック”が掛けられています。

ユーザーにとっては利便性を損なう面もあるが、万が一携帯電話やスマートフォンを紛失したり盗難に遭ったりしたときに、第三者にSIMを抜き取られて悪用される事態が防げると言った利点もあります。

ただ、auのスマートフォンの一部機種では、このキャリア内ロックが掛けられていないものがあるのです。

確認された限りでは、「SIRIUS α IS06」「iPhone 4S」「MOTOROLA RAZR IS12M」「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」「Optimus X IS11LG」にはキャリア内ロックが掛けられていないません。

iPhone 4SとIS12MにはmicroSIMタイプの「micro au ICカード」が採用されており、1枚のSIMを使い回せるのです。

例えばSIMなし(白ロム)のau版iPhone 4Sを購入して、手持ちのSIMを挿して使うといったこともできます。

通常のau ICカードとmicro au ICカードはサイズが異なるのでそのままでは当然使い回せませんが、SIMカッターなどを使ってmicroSIMサイズにカットすればiPhone 4Sでも使えるかもしれません(利用は自己責任となる)。

IS06、ISW11SC、IS11LGはmicroSIMではない、通常タイプのSIMが採用されています。

富士通東芝製の「ARROWS ES IS12F」もmicroSIMが採用されています。

なので、ARROWS ESのSIMをauのiPhone 4Sに入れても問題なく通信できます。

ですがiPhone 4SのSIMをARROWS ESに入れると、ロック解除画面に「au ICカード(UIM)が挿入されていません」と表示され、通信できないのです。

ロックを解除すると、「携帯電話を有効にする」という見慣れない画面が表示され、「有効にする」をタップしても「プログラムが設定されるまでお待ちください」と表示されたまま先に進まないそうです。

これはキャリア内ロックが掛かっているためです。

例えばARROWS ESからiPhone 4Sに機種変更をした後なら、電話番号が同じなのでARROWS ESとiPhone 4SでSIMを使い回せます。

KDDIによると、「グローバルメーカー製のスマートフォンはキャリア内ロックが掛かっていないものが多い」とのことでした。

国内メーカー製モデルではARROWS ESのほか、京セラ製の「DIGNO ISW11K」やシャープ製の「AQUOS PHONE IS14SH」も電話番号の異なるau ICカードでは利用でません。

国内メーカーはフィーチャーフォンを開発しているころからキャリア内ロックを掛けており、スマートフォンでも引き続きロックしているのです。

ただ、KDDI側からメーカーにキャリア内ロックを必ず掛けるようルール化しているわけではなく、ロックの有無はメーカーに委ねられているのが現状だそうです。

キャリア内ロックフリーとなったことでユーザーの利便性は上がりますが、スマートフォンを紛失した際のリスクは高まります。

電話回線を一時中断する「緊急通話停止・解除」などの手段を確認しておいた方がいいですね。





■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2012/02/11 00:00 ] 気になるケータイ! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://milebattle.blog27.fc2.com/tb.php/550-ec44b0fc













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。