IT用語






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Googleも遂に自社ブランドAndroid タブレットをオンライン直販へ!タブレットの価格を Google が一部補助も!

Google は、自社ブランド 独自のタブレットを販売するそうです!

ネットでは以前から話題になっていた「Googleタブレット」です。

Google は Android タブレットの販売を底上げするため独自オンラインストアの開設を予定しており、(他社製品と並んで) ASUS および サムスン製造の Google ブランド 独自タブレットを販売する見込みとのことです。

噂では、7インチ画面で価格199から249ドル、発売は早ければ5月との事。

ASUSのほかにサムスン製のGoogle タブレットも登場するとの噂です。

また価格の一部を Google が負担する「ことも検討されている」としています。

そもそも「Google タブレット」の意義についていえば、スマートフォンではAndroidプラットフォーム全体の象徴的なプラットフォームであり開発者用端末にも使われる Nexus シリーズが他社製品と共存しており、タブレットでも基準となる製品を投入して不思議はありません。

Google の会長みずから、「最高のタブレット製品は今年登場」と予告する発言もありました。

面白いのは、タブレットの価格を Google が一部補助 (subsidize) して安価に投入する可能性があるという点。

アマゾンの 7インチ画面タブレット Kindle Fire は中身は Androidベースでありつつ、独自の本棚インターフェースで自社の Kindle書籍や映像コンテンツ、自社ストアのAndroidアプリと直結させることで、あくまでAmazonコンテンツ用の Kindle ファミリー製品として199ドル / 169ドルの低価格を実現しています。

Googleは Androidマーケットあらため Google Play でアプリ・ゲーム・動画・音楽コンテンツ販売に注力しており、「7インチでTegra 3プロセッサ、最新Androidプラットフォーム採用機」をたとえば199ドルといったインパクトのある価格で投入しAndroidタブレット市場全体の活性化を目論むことはありえないことはでは無いですよね。

結果的にはGoogleが儲かるのですから!



■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2012/04/06 00:00 ] 気になるニュース | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://milebattle.blog27.fc2.com/tb.php/604-876640e5


まとめteみた.【Googleも遂に自社ブランドAndroid タブレットをオンライン直販へ!タブレットの価格を Google が一部補助も】

Googleは、自社ブランド独自のタブレットを販売するそうです!ネットでは以前から話題になっていた「Go上げするため独自オンラインストアの開設を予定しており、(他社製品と並んで)ASUSおよびサムスン製造のGoogleブラド独自タブレットを販売する見込みとのことです。噂で...
[2012/04/06 00:15] URL まとめwoネタ速suru











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。