IT用語






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マイクロソフトが Windows 8 のエディション構成を発表!2+1エディション構成、Windows 8・Windows 8 Pro・Windows RTに!

マイクロソフトが Windows 8 のエディション構成を発表しました。

無印の「Windows 8」、ビジネス向けの「Windows 8 Pro」、そしてARM版のみの「Windows RT」(Winwos "8" RTではなくWindows RT)となるそうです。

Windows 8 は従来の x86 / 64 プロセッサPC用だけでなく、スマートフォンや iPadなどと同じARMプロセッサで動く別バージョン「WOA」の追加が大きな特徴です。

しかしエディション構成は Windows 7 よりもシンプルになり、実質的には無印 Windows 8 とWindows 8 Pro の2エディション と、 ARMタブレットなどにプリインストールでのみ提供される Windows RT の3種類になります。

その詳細を見てみると、

Windows 8 (x86 / 64)
これは通常版です。システム言語の変更など、かつては上位版 (エンタープライズ / Ultimate ) にしかなかった機能も含まれます。
Windows 7まででいえば、Starter / Home Basic / Home Premium をあわせた位置づけ。
また中国および一部の新興市場向けには単一言語版も用意されるため、Windows 7 でいえば Starter も含んでいます。

Windows 8 Pro (x86 / 64)
これはビジネス向けです。
ドメイン参加や暗号化、仮想化、管理系など、ビジネス用途の特定機能が必要な場合。
Windows 7 にあったマニア向けのUltimate は Pro に合流。

Windows RT (ARM)
これが新しいARMプロセッサのタブレットやPC向けです。
プリインストール提供のみ。
x86 / 64向けと同じく Metro スタイルのスタート画面と従来型デスクトップを備え、タッチ最適化されたデスクトップ版のWord、Excel、PowerPoint、OneNote を含みます。
ただし新ランタイム WinRT で作られたアプリしか動かない。従来の x86 / 64 アプリやデスクトップアプリとは非互換。
かつて WOA (Windows on ARM)と呼ばれていた製品です。

通常版とビジネス向け、そしてタブレット用と、構成的にはわかりやすくなりましたね。

私は現在 Windows 7 で、デスクトップ(自作のアキバショップモデル)と、ノートPC(バイオF)を使用していますが、 Windows 8 が発売されても買い換えることはないですね。



■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2012/04/22 00:00 ] 気になるニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://milebattle.blog27.fc2.com/tb.php/622-fa77df96













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。