IT用語






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デュアルSIMカードスロット搭載のAndroid 4.0スマートフォン「Libero」なんと1万7880円です!

デュアルSIMカードスロット搭載のAndroid 4.0スマートフォン「Libero」(型番:ZP500)がaPad専門店に入荷しました。

中国の新興メーカーであるZOPO製で、店頭価格は1万7880円。

シングルコアCPU搭載機ながら操作感は快適で、ショップ店員いわく「IPS液晶を採用している」という美しい4型液晶(480×800ドット)も魅力です。

ブラックとホワイトの2色をラインナップ。

iPhoneとの比較では、Liberoの方が背が高く、厚みはほぼ同じといったところです。

厚みは1cm以下の薄型デザインで、少し背の高いiPhone 4といった風情。

CPUにCortex-A9ベースの「MT6575 1GHz」、512MBのメモリー、4GBのストレージ用メモリーを搭載します。

外部ストレージは最大64GBのmicroSDXCカードが使用可能。

W-CDMA(3G)とGSM(2G)に対応する2つのSIMカードスロットを備えるデュアルSIMスマートフォンでもあります。

SIMフリーの海外製スマートフォンが2万円以下の価格で買えるのはお手頃。

電源ボタンや音量調整ボタン、イヤホンジャックが側面に並び、カバーを外すと2つのSIMカードスロットとmicroSDカードスロットにアクセスできます。

本体サイズは幅61.6×奥行き123×高さ9.9mmで、重量は116.6g(バッテリー含む)。

バッテリー容量は1300mAh。IEEE 802.11a/b/gの無線LANに対応するほか、Bluetooth 3.0をサポート。

フロントに30万画素、背面に500万画素のカメラを搭載します。

販売するaPad専門店における店頭価格は前述の通り1万7880円で、ウェブでの通販価格は1万8880円です。

スマートフォン本体のほか、予備バッテリー(1480円)、カバーケース(980円/白、黒)などのオプションアイテムも販売されています。





■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2012/08/05 00:00 ] 気になるケータイ! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://milebattle.blog27.fc2.com/tb.php/734-c4adcc56













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。