IT用語






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

iPhone 5 !日本で使えない iOS 6 の機能一覧が公開に!

iPhone 5 遂に登場しましたが、2年縛りがあり買い替えできないかたでもiOS 6 へのアップグレードは期待大きいですよね。

ですが、この iOS 6 、日本で使えない機能があるのです。

アップルは、この iOS 6 の各機能について、地域ごとに利用可・不可の一覧表を公開しました。

Googleとのライセンス契約を破棄してイチから作り直したという新マップアプリ、また着々と進化を遂げる Siri さんなど、地域により大きく対応状況が異なることが分かります。

下に掲載したのは、対応表から日本国内の部分だけをまとめたものです。

日本で使える機能は通常のテキストで、現時点で使えない機能は X 太字で示しています。

マップ
○標準、○航空写真、○道順、○ルート案内機能、X 建物の3D表示、X 渋滞状況、○ローカル検索、X ビジネスレビュー&写真

Siri
○スポーツ、○Twiiterの統合、○Facebookの統合、X ローカル検索、X レストラン情報、X レストランのレビュー、X レストランの予約、○映画情報、X 映画のレビュー、X 上映時間

iTunes Store
○ミュージック、○映画、X テレビ番組

音声入力
音声入力

App Stor

○アプリケーション、○ゲーム

非対応が多いのは、提携サービスに依存する地域情報や Siri の物知り部分です。

マップは一覧すると使えない機能ばかりのように見えますが、もともと iOS のマップアプリは Google から基本的なマップデータを得ていただけで、Googleが独自に用意した店舗情報やレビューなど詳しい情報にはアクセスできない低機能アプリだったため、変わらないといえば変わりません。(し、マップのとしての基本機能は放置気味だった現行マップより進化しています)。

また、建物の3D表示は現時点で米国のみです。



■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2012/09/17 00:00 ] アップル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://milebattle.blog27.fc2.com/tb.php/779-e2e83b9d













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。