IT用語






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

米Googleキャンパス内で謎の無線ネットワークプロジェクトが進行中!

Googleが密かに開始した謎のプロジェクトが話題になっています。

これは同社が米連邦通信委員会(FCC)に申請した書類から判明したもので、無線技術のコンサルティングエンジニアであるSteven Crowley氏が自身のBlogで紹介しています。

米カリフォルニア州マウンテンビューの同本社内に50の無線中継基地を建て、200のユーザーデバイスを接続するというもの。

2.5GHz帯を使用しており、何らかの無線ブロードバンド実証実験を行っているとみられます。

Crowley氏によれば、50の無線中継基地はキャンパスの建物内外に配置され、それぞれ100~200メートルまたは500~1000メートルの通信距離を持っているという。

指向性と非指向性の2種類のアンテナが用意され、半径2マイル(約3.2キロメートル)の範囲で行われるようです。

カバーエリアと基地局数を比較すると非常に密集配置されており、エリア内ではかなり大容量のデータ通信が可能だと同氏は分析しています。

また使用される周波数帯は2524~2546MHzと2567~2625MHzで、これはEducational Broadband Service (EBS)とBroadband Radio Service (BRS)の名称で呼ばれています。

一般には「Clearwire」がWiMAXサービスの「Clear」を提供している帯域として知られ、来年には同帯域の一部を使ってTD-LTEベースのサービスが開始されるとみられます。

なお、GoogleはもともとClearwireの株主だったが、ソフトバンクやSprintらによる一連の買収劇の中ですでに株を手放しています。

今回の実証実験のためのマウンテンビュー地域での同帯域は、一部をスタンフォード大学から借り受ける形で行われていることがFCCのデータベースで判明しているということです。

帯域以外の情報、例えば基地局やユーザーデバイスの製造メーカーなどは極秘扱いとなっており、プロジェクト全体の概要は不明。

Crowley氏はGoogleが開発中のデバイスの実験フィールドと分析しているが、申請フォームにあるコード名から中ではLTE技術が利用されていると予測しています。

Google’s “confidential” test might be a super-dense LTE network using Clearwire’s spectrum

   
   
 

 ■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
 にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/02/01 00:00 ] 気になるニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://milebattle.blog27.fc2.com/tb.php/921-a2e3a90c













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。