IT用語






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サムスンGalaxy の合体ゲームパッドは6.3インチ画面まで対応。これって6.3インチの Note III登場の予告では

スペックも機能もすべてユーザーの生活をシンプルに、豊かにすることが目的の「Life Companion」端末だという Galaxy S 4 には、Qi 対応のワイヤレス充電パッド / カバーからリストバンド型の活動量計・睡眠計 S Band まで、楽に使えて便利系のアクセサリが多数公開されています。

写真は Galaxy S 4 を固定して携帯ゲーム機のように遊べるBluetooth 接続の Game Padです。

デュアルアナログスティックに方向キー、Xbox 360そのままの色と配置のABXYボタンを備え、NFCを使ったワンタッチペアリングで簡単に接続できる点が特徴です。

そのほかの仕様は左右のショルダーボタン(LRボタン)、ホーム / スタート / セレクト / メニュー / バックボタン、単四電池 x2本駆動、固定した端末だけでなく汎用の Bluetoothゲームコントローラとして使えるなどです。

発表イベント会場での説明によれば、この Game Pad は今のところまだプロトタイプの段階。

夏ごろに発売予定というほか、最終仕様や価格、発売時期などは決まっていません。

一方、発表と同時にオープンした Galaxy S 4 特設サイトには、「4インチから6.3インチ画面サイズまで利用可能」と、S 4専用ではないことをうかがわせる記述があります。

ここでおもしろいのは、「6.3インチ画面」という妙に具体的な数字。

5インチ(4.99インチ)の S 4 だけでなく 5.5インチの Galaxy Note II も使えます。

ですが7インチ級のタブレットは無理です、という意味ではありますが、サムスンの現役 Android 端末に 6.3インチ画面の製品はありません。

またアスペクト比(縦横比) もベゼル幅もさまざまな端末がある以上、固定するクランプ部分の幅から画面サイズの上限が決まるのも妙な話です。

この「6.3インチ」が適当な数字ではなく、開発時に上限として想定した端末があると仮定すれば、現行の Note II よりさらに大きく7インチ級よりは小さい端末の計画があるのかも、と想像できます。

そこで思い浮かぶのは、Galaxy Note シリーズの最新モデルですね。

Note III は Galaxy S 4 と同じ8コア (4+4 big.LITTLE 構成) の Exynos 5 Octaプロセッサ を載せ、6.3インチの大画面を採用するとの噂で。

サムスンは Galaxy Note III について正式に発表していませんが、これまでどおり年に一度の更新ペースで S 4 と並んで販売されるのであれば、ゲームパッドのほうも Note III 対応なのは当然は話しですね。







■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
  にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/03/22 00:00 ] 気になるケータイ! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://milebattle.blog27.fc2.com/tb.php/970-938f9740













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。