IT用語






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

次の Mac はギガビットWiFi 802.11acに対応?

OS X や iOS アップデート時に恒例、未知の識別子や新機能の手がかりを探す話題です。

今後登場する Mac は、ギガビット通信も可能な最新の無線LAN規格 802.11ac に対応するそうです。

802.11ac は5GHz帯を使い、広い帯域幅や変調方式の拡張、マルチアンテナを使うMIMOやビームフォーミングの規格化により、ギガビット級の高速通信に対応する最新の WiFi 規格。

ルータやWiFiアダプタではドラフト対応の製品が各社から出始め、スマートフォンなどでも最新のSoCでは対応が始まっています。

この情報は、現行最新の 10.8.3には含まれていない 802.11ac対応と思しきコードが、10.8.4ベータから見つかったからだそうです。

アップルが次のMac製品では Broadcomの最新無線チップで802.11acに対応するのでは、という観測は以前からありました。

実際にいつ出荷の Macから対応するのかは、そもそも次期 MacBook ラインナップのリフレッシュ / アップデート時期が決まっているわけでもなく未確定。

ですが、OS X の次の小アップデートに含まれるならば、対応デバイスもそう遅くないかもしれません。

私は会社で使っているMacが新しくなり、便利になると思ったら、問題多いですね。

HTTPSから始まるページが見れないのです。

会社のシステムに問い合わせればいいことなのですが、現状は楽天のポイントの詳細とか業務以外のページなので問い合わせできません。

また、Adobeのソフト関連CS2から最新バージョンに変わり、古いもので開かないものが多々あります。

CS2の時も最新バージョンで保存され、開かないものが多かったのですが、今度は逆パターンです。

拡張子の問題とか、以前開いたものでも.JPGにしないと開かないとかがありました。

どんどん新しくするのは商売なのでしょうがないことですが、旧バージョンとの互換性とかなんとかして欲しいですね。







■ランキングに参加しているので、応援よろしくお願いいたします。
  にほんブログ村 携帯ブログへ 人気ブログランキングへ 
関連記事
編集 [ 2013/04/18 00:00 ] 気になるニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://milebattle.blog27.fc2.com/tb.php/997-f78d704d













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。